知らなきゃ損!ナイトキャップの効果的な使い方

知らなきゃ損!ナイトキャップの効果的な使い方

意外と知られていないナイトキャップの効果

ナイトキャップといえば昔話でおばあさんがかぶっているイメージがあるためあまり良いイメージを持っていない人もいます。
しかしナイトキャップをつけることは髪の毛の様々なトラブルを予防するのに効果的です。

現在髪の毛の悩みがある人はもちろんのこと予防のためにもナイトキャップは役立ちます。
今使っていない人もナイトキャップの効果を確認しぜひ取り入れてみましょう。

ナイトキャップの効果

私たちは寝ている間に意外と寝返りをします。
寝返りをすると髪の毛に摩擦が起こり切れたり抜けたりする原因です。
ナイトキャップをすると髪の毛の摩擦を軽減することでキューティクルが守られ髪の毛のツヤも保てます。

次にナイトキャップは髪の毛の感想予防にも効果的です。
朝目が覚めると髪の毛がぱさぱさになっていることもよくありますが、ナイトキャップを被ることで髪の毛の保湿効果によってパサつき予防になります。
特にシルクのナイトキャップにはシルクの保湿効果によって髪の毛の乾燥が防げてより効果的です。

ナイトキャップを被ると頭の血管収縮を予防して寒さによる頭痛も防げます。
寒くなくなることで安眠効果も高いです。

寝ぐせや抜け毛予防にもナイトキャップは効果があります。
このようにナイトキャップを被るだけでたくさんの良い効果があるのです。

ナイトキャップを効果的にかぶる方法

ナイトキャップはただかぶればいいわけではありません。
正しくかぶらないと効果がなくなります。

最初に気を付けるべきことが前髪です。
おでこと前際の生え際のあたりまでキャップを上げてしまうと前髪が跳ね上がるので気を付けましょう。
前髪に変なクセがつかないようにするためにも丁寧にナイトキャップの中に入れるようにします。

前髪が長い人は前髪を整えてからキャップを被るようにすると翌日のセットも楽です。
分け目をきちんとつけたり抑えるようにしたりするときれいに仕上がります。

髪の毛が長い人はクセがつかないように少しずつ髪の毛をナイトキャップの中に入れるようにしましょう。
特に内巻きになるように髪の毛を入れていくと良く朝のスタイリングが楽です。
髪の毛を少しずつ毛束でまとめてキャップの中に入れたりカーラーを巻いて入れたりすると仕上がりがきれいになります。

ナイトキャップをかぶる前には髪の毛は必ず乾かすことが大切です。
半乾きだと寝ぐせがつきやすいですし髪の毛が臭くなってしまいます。

それだけでなく頭皮に雑菌が湧いてしまい髪の毛が痛むだけでなくかゆみや抜け毛を引き起こすこともあり逆効果です。
髪の毛を乾かした後は紙に熱が残ったままキャップを被ると髪の毛に負担がかかるので冷ましてからかぶるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です