産後ヨガの効果

産後ヨガの効果

産後気になる体の変化

出産後は産まれてきた赤ちゃんがかわいく幸せな気分になる反面、体の変化も気になるものです。
ホルモンバランスも乱れますし体重がなかなか妊娠前に戻らないですし、骨盤も歪んでいます。
産後の生活は睡眠不足にもなりがちですし心身ともにバランスが乱れがちで不安定になることも少なくありません。

このような産後の様々なトラブルを解消することに効果的なのが産後ヨガです。
最近では産後ヨガのレッスンも増えていて取り組んでいる人も多くなっています。

産後ヨガの効果

ヨガは深く呼吸をして体を動かしていきます。
そのためリラックス効果が高いです。
無理なく負担のない程度に体を動かすことでストレス解消も期待できます。

毎日育児や家事をしていると行動範囲が狭く運動不足になりがちです。
産後ヨガはヨガマット1枚あればどこでも行うことができるので育児の合間にも手軽に取り組めます。
育児中に動きがワンパターンになって筋肉も使う場所が限られがちなのでヨガを取り入れることで普段使わない筋肉も動かせ運動不足を解消しやすいです。

最近ではインターネット動画や雑誌でも産後ヨガの特集がされています。
自宅で本や映像を見ながらであれば小さな子供がいても取り組みやすいです。

産後ヨガを始める際の注意点

産後ヨガを始めるにあたってはいくつかの注意点があります。
まずは食後2時間以内にしないようにすることです。
食後は消化のために血液が胃に集まるため、そのような状態でヨガをすると消化が悪くなってしまいます。

また満腹の状態はヨガには向いていません。
深い呼吸ができないとヨガは効果が期待できないので消化が進み血糖値が安定する食後2時間以降が効果的です。

入浴前後もヨガには適しません。
入浴後は血行がよくなっているのでその状態でヨガをすると心臓に負担がかかりすぎます。
運動直後は疲労回復のために筋肉に血液が回るはずが入浴で全身に血液が贈られることで効果が薄らぐので良くありません。

産後ヨガを楽しむポイント

産後ヨガを効果的に楽しむためには産後1か月頃から始めるようにします。
1か月検診で子宮の戻りや全身の状態を確認して問題なければ始めるようにしましょう。
最初から無理な運動をせず少しずつ様子を見ながらメニューを増やしていきます。

ヨガをする時には呼吸に集中することが大切です。
深く呼吸をすることで脳の血流が良くなるため集中力が高まりますしリラックス効果が期待できます。
呼吸は自律神経の働きを整えるのにも効果的で産後の体調回復にもとても重要です。

しっかりとした呼吸をすることは心と体のどちらも整えるのに役立ちます。
毎日少しでもヨガの時間を取ることによって産後におこる大きな体の変化を緩和し少しでも早く産前の状態に戻すことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です