ベビーチェアの選び方

ベビーチェアの選び方

あらゆる場面で役立つベビーチェア

腰がすわって一人で座ることができるようになるとベビーチェアが便利です。
一人で食事をしたり遊んだりするときにサポートをしてくれます。

しかしベビーチェアは種類も豊富ですし使い始めるべき時期も良く考えなければ赤ちゃんにとって逆効果です。
何のために必要でどのような場面で使うといいのかきちんと理解したうえで生活の中で取り入れるようにしましょう。

ベビーチェアの役割と使う時期

ベビーチェアは赤ちゃんが安心して座ることができるよう低めの高さに作られておりベルトなどで安全に配慮した造りがされているものです。
大人がすわる椅子に座ると赤ちゃんは落ちてしまったり頭を支えられなかったりします。
そういったリスクを排除して安全に座れるように配慮して作られているため育児ではとても便利なものです。

ベビーチェアは様々なタイプがあり品物によって使える時期は違います。
しかし離乳食が始まる生後半年から使い始めることができるものがほとんどです。
使う場面によって外出先で使えるテーブル固定のタイプやダイニングテーブルに合わせられる背の高いタイプなど使い分けることもできます。

ベビーチェアの選び方

ベビーチェアは種類があるため使うにあたってはいくつかの選び方のポイントがあります。
まずは安全性の面です。

安全性は何よりも大切なものであり、特に腰がすわって間もないころは体も安定しにくく転倒することもあります。
安全対策としてはベルトがついていて赤ちゃんを固定することができるもの、背もたれごと倒れないように重心が低いものを選ぶのがおすすめです。

次にベビーチェアの用途を考える必要があります。
食事やお絵かきなどの遊びの場面で使うのかによってタイプが違うため、用途は安全性と同じくらい大切なポイントです。

最初にテーブルの有無を決めるようにします。
テーブルが脱着できるものであれば食事や遊びの場面でも使いやすいです。
他にもクッション性や座り心地は赤ちゃんによって好みが違うので実際に座らせて確認すると失敗が少なくなります。

ベビーチェアは意外と大きいです。
そのため使いたい場面が限られている場合には折り畳みができるタイプを選ぶと収納しやすく場所を取りません。
折りたためるタイプは外に出る際にも持ち運びがしやすく便利です。

一つあると便利なローチェア

ベビーチェアの中でも一つ持っていると便利なのがローチェアです。
ローチェアは座面が低く赤ちゃんでも足を床につけることができます。
そのため落下や転落での事故リスクが低い点でも人気です。

由香にしっかりと足が着くことで噛むことも促せます。
そのため離乳食時期の食事はローチェアを使うと進めやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です