電力の自由化について知る

電力の自由化について知る

電力自由化について考える

家計の中で節約をしようと考えたときに最初に取り組めるものの一つが水道光熱費です。
特に電力については電力自由化が始まったので今までよりも効果が出やすくなっています。

電力自由化で電力会社を変えることで基本料金から大幅に電気料金を変えることも可能です。
とはいえまだまだ新しいシステムで情報が少なくどのようにすればいいかわからない部分も多くあります。
そこで今一度電力自由化について考えてみましょう。

電力自由化とは

電力自由化というのは緩和規制によって2016年から始まったシステムです。
今までは地域ごとに大手の電力会社しか一般消費者に対して電力の販売をしていなかったですが、だれでも自由に参加できるようになりました。
独占状態だった業界に市場が誕生し電気会社の選択肢が広がり、電気会社の見直しをしたら電気料金が安くなる可能性があるのです。

電力供給のための登録事業者は現在800を超えています。
ガス会社や住宅販売会社、大手携帯キャリアなど参入している企業も幅広いです。

このような新規に参入してきた電力会社は従来の電気会社と区別するために新電力と呼ばれています。
新電力の参入にい折って大手の電力会社も料金の見直しが進んでおり市場は現在競争が激しいです。

新電力に切り替えることで起こること

新電力にするにあたって気になるのが電力が不安定になることです。
契約を買えたからといって電気が不安定になったり停電をしたりすることはありません。
今までの送電システムを使って電気が供給されるので切り替えのために電線に工事をする必要はなく早ければ30分で作業も終わります。

ただ切り替えをする前にスマートメーターという情報通信能力のある電力メーターを設置することが必要です。
スマートメーターは契約をする電力会社が無料で貸してくれます。
一戸建てだけでなくマンションやアパートでも電力会社と個別に契約する形態がとられている場合には新電力に切り替えることは可能です。

電力自由化のメリットとデメリット

新電力に切り替えを検討するにあたり知りたいのがメリットとデメリットです。
メリットとしては大手が独占していた状態が崩れて新しい企業が参入することにより、価格競争が生まれリーズナブルに利用できるようになること、サービスが向上すること、自分に合った電力会社が選べることがあります。
ガスや携帯電話の会社と契約するとお得に利用できるようになったり普段使っているクレジットカードの会社を選ぶとポイントがつきやすくなったりするので会社選びの基準やお得になる方法も人によって様々です。

それに対してデメリットは選択肢が増えることにより選び方が難しいという点です。
自分できちんと比較検討し月々の利用料をシミュレーションしないと契約を変更することによって割高になってしまう可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です