realestatemanagement1

売却前に知っておくと役に立つ借地権や底地の基礎知識

売却前に知っておくと役に立つ借地権や底地の基礎知識

借地権の基礎知識

不動産投資やマイホームを購入したいと考えている人は、「借地権」という言葉を一度は耳にしていることでしょう。借地権とは地主が所有する土地を借りそこに建物を建て、使用できる権利のことです。借地権者は借地の地主には毎月地代を支払わなければなりません。

さらに、借地権には2種類あります。地上権と賃貸権です。地上権は自由度がある程度保証されている借地権。契約期間も最低30年と法律で定められています。契約は延長することも可能です。

もう一つの着地権である賃貸権。建物を建築した場合、売却や転売、テナントとして貸し出す際に地主の承諾が必要になります。しかしながら売却する際に地主が借地権の譲渡を許してくれないなどトラブルが起きる場合あります。
借地借家法など法律が絡むこともあるため、不安な方は借地権を取り扱う専門業者に交渉について相談をしてもよいでしょう。

借地権や底地のご相談ならCentury21マーキュリー

例えばこちらのマーキュリーでは地主との交渉はもちろん、直接の買取も行ってくれるため売ることができないという不安がありません。
10年以上借地権専門で対応を行っているため実績もあるようです。

借地に関するトラブル解決事例も紹介されていたため現在の状況に近い悩みが無いか参考にしてみてください。

底地の基礎知識

土地

「底地」は借地権がすでに設定されている土地のことです。よく耳にする言葉で言い換えると貸地と呼ばれています。

地主がある土地を借地権付きで誰かに貸し出した際、地代徴収権が発生します。その代わり土地の利用権を一時的に失うのです。

土地の利用権を買い取った借地人は地代を払う代わりに、建物を建てる権利、つまり「借地権」が手に入るのです。
底地権に借地権は含まれず、地主の権利の上に借地人の権利が重なる形となります。したがって利権関係が複雑になりがちです。

貸さない土地はただの土地です。そこで誰かに賃貸する目的をもった土地の権利を地主が要することで、土地に価値が付与されるのです。
底地は、土地権利の中にある借地権を貸し出している状態です。なので、地主は土地の建物に関しては利用する権利がない状態になります。要約すると底地の権利を地主は、「土地所有」と「地代・利用料金」をもらう権利が発生するのです。地主はこれで収入を得て収入を得ます。

借地権と底地権を知ることで借権を持っている人は建物を売却・転売する際に有利な条件で物件を売却できすので覚えておいて損はないでしょう。